XAMPPでバーチャルホストの設定

http://localhost/mysite/」へのアクセスを、「http://mysite/」にしたい

アクセス先はC:\xampp\htdocs\mysite
ここを「http://mysite/」でアクセスできるようにします。

httpd.confを参照すると(490行目辺)
Include “conf/extra/httpd-vhosts.conf” の記述があるので
「httpd-vhosts.conf」を編集

①---
##NameVirtualHost *:80 ・・・20行目辺

NameVirtualHost *:80 ・・・非コメントブロックします

②---
「httpd-vhosts.conf」内に下のサンプル記述があるので流用し(# VirtualHost example:の行以降)

##<VirtualHost *:80>
##ServerAdmin postmaster@dummy-host.localhost
##DocumentRoot “C:/xampp/htdocs/dummy-host.localhost”
##ServerName dummy-host.localhost
##ServerAlias www.dummy-host.localhost
##ErrorLog “logs/dummy-host.localhost-error.log”
##CustomLog “logs/dummy-host.localhost-access.log” combined
##</VirtualHost>

これを流用し末尾に以下を追加
<VirtualHost *:80> ・・・このブロックが無いとlocalhostでアクセスが出来なくなったので
DocumentRoot “C:/xampp/htdocs”
ServerName localhost
</VirtualHost>

<VirtualHost *:80> ・・・ daihachi.localhostでアクセスする為の記述
DocumentRoot “C:/xampp/htdocs/mysite”
ServerName daihachi.localhost
</VirtualHost>

③---
hostsファイルを編集( C:\WINDOWS\system32\drivers\etc)
127.0.0.1       localhost
127.0.0.1       daihachi.localhost ・・・記述を追加

XAMPPでドキュメントルートを変更

デフォルトのアクセス先「C:/xampp/htdocs」から、「C:/www」にしたい

httpd.conf(190行目辺)
DocumentRoot “C:/xampp/htdocs”

DocumentRoot “C:/www” ・・・これに変更

ディレクティブを変更(230行目辺)
<Directory “C:/xampp/htdocs”>

<Directory “C:/www”>・・・これに変更

続いてxampp管理画面に「http://~/xampp/」でアクセスするためエイリアスを指定
httpd-xampp.confを下記の様に変更

<Directory “C:/xampp/htdocs/xampp”>
<IfModule php5_module>
<Files “status.php”>
php_admin_flag safe_mode off
</Files>
</IfModule>
AllowOverride AuthConfig
</Directory>
↓・・・変更
Alias /xampp “C:/xampp/htdocs/xampp/”
<Directory “C:/xampp/htdocs/xampp”>
<IfModule php5_module>
<Files “status.php”>
php_admin_flag safe_mode off
</Files>
</IfModule>
AllowOverride AuthConfig
Order allow,deny
Allow from all
</Directory>

※変更後はxamppコントロールパネルの
adminボタンでxampp管理画面へのアクセスは不可になります。

FTPアカウントにフォルダへのアクセス許可を指定していたので下記も実行
・FileZillaを起動
・Edit→Usersの順に選択
・対象ユーザーを選択
・Page窓内のshared foldersを選択
・Shared foldersよりアクセス可能なフォルダを変更